初心者ガイド

電動アシスト自転車の購入前に知っておきたい基礎知識や、自転車の選び方についてまとめました。

<目次>

電動アシスト自転車とは
電動アシスト自転車の種類
電動アシスト自転車の選び方
電動アシスト自転車に乗る時の注意
基礎用語(五十音順)

 

電動アシスト自転車とは

ペダルを踏む力や回転数などをセンサーが読み取り、モーターを動かすことによって人がペダルを踏む力を補助してくれる自転車をいいます。通常、モーターを動かすためにバッテリーを搭載しています。ペダルをこがなくても走行可能な「電動自転車」とは異なります。
日本国内で販売される電動アシスト自転車には速度制限があり、時速24km以上になるとアシストが停止する仕組みになっているため、スピードが出すぎる心配はありません。

平坦な道でスイ〜スイ!! 急な坂道でグングン登る!!

 

電動アシスト自転車の種類

軽快車タイプ

いわゆる「ママチャリ」で、日本で最も普及しているタイプ。
スピードはあまり出ませんが、足付き性の良さや、荷物を載せられるよう前カゴがついているため、買い物や通勤など日常の足として使われることが多いです。チャイルドシートを取り付けて幼児を載せるといった使い方もできます。
京の洛スクでは、以下の車種が該当します。

ルルベ
パッセL

子供乗せタイプ

幼児を同乗させることを前提に設計された自転車です。頑丈な車体で低床設計のものが多く、お子様を乗せた状態で安定して走行できるようになっています。また、チャイルドシートが標準装備のモデルもあります。
京の洛スクでは、以下の車種が該当します。
プチシャッセ

小径車タイプ

車輪の小さな自転車で、ミニベロともいいます。デザイン性に優れ、おしゃれなものが多いです。車輪が小さいため小回りが利き、取り回しが楽にできます。また、モデルによってはチャイルドシートが取り付けできるものもあります。変速機がついた機種なら車輪が小さくても普通の自転車と遜色のない走りが可能です。
京の洛スクでは、以下の車種が該当します。
ピルエットS
プチシャッセ
シーガル20
バロンX20

スポーツタイプ

グリッサード2017

他のタイプの自転車より走行性能に優れていて比較的楽にスピードが出せるため、長時間や長距離を走るのに適した自転車です。自転車にサスペンションのついたモデルや多段変速など、高性能なものが多いのが特徴です。
京の洛スクでは、以下の車種が該当します。
グリッサード
グランデュ
バロンX26
シーガル26

折り畳みタイプ

電動アシスト自転車 折りたたみ式 マウンテンバイク小型20インチ バロン

フレームを折りたたむことで収納時のスペースを節約できることが最大の特徴です。軽量なモデルが多く、室内保管や自動車への積み込みも比較的容易にできます。
京の洛スクでは、以下の車種が該当します。
バロンX20
バロンX26

 

近未来タイプ

電動アシスト自転車 スポーツタイプ

斬新なフレーム形状で、従来の自転車とは一線を画すタイプです。デザイン性だけでなく機能性にも優れ、他人と違うものを所有したい方にはお勧めです。
国内ではまだ出回っている車種は少ないですが、京の洛スクが最も得意とする分野です。
京の洛スクでは、以下の車種が該当します。
シーガル20
シーガル26

電動アシスト自転車の選び方

タイヤサイズ

20インチから27インチまでさまざま。車輪が小さいほど取り回しが楽で小回りが利きます。一方、後輪径が大きいほどペダルを一回転させたときに進む距離が長いのでペダルをこぐ回数が少なくて済み、楽にスピードが出せます。

電動アシスト自転車 スポーツタイプ シーガル20

バッテリー容量

容量が大きいほうが一回の充電での走行距離が長くなります。大容量のものほど価格は高くなってしまいますが充電の頻度が少なくて済み、手間が省けます。

価格

一般的にバッテリー容量と自転車の価格は比例します。極端に安価なものは古いタイプのバッテリーのものが多いです。

重量

バッテリーやモーターなどの電気部品を搭載している分、普通の自転車よりも重くなってしまいますが、近年部品の小型軽量化が進み、多くのモデルは女性や高齢の方でも無理なく扱える仕様となっています。

電動アシスト自転車パッセ

保証内容

メーカーや車種によってさまざまですが1年から2年の品質保証が受けられるものが多いです。また、傷害保険や盗難補償が付帯するものも増えてきています。
京の洛スクでは、製品保証はもちろん、万一のために傷害保険や盗難補償制度をカバーした洛スククラブを用意しています。詳しくはこちら

使用目的

幼児を同乗させる場合は対応車種を選ぶことが安全上非常に重要です。主に買い物などで使用する場合は軽快車タイプなどのカゴが取付可能なモデルがおすすめ。サイクリングなど趣味でのご利用はスポーツ車タイプが長時間、長距離走行に優れています。

電動アシスト自転車

電動アシスト自転車に乗る時の注意

ペダルに片足を載せてもう片方の足で地面を蹴って勢いをつけて乗る方法(ケンケン乗り)は急発進の原因になり危険です。
乗車前にタイヤの空気圧、ブレーキの動作確認、各部のがたつきがないかご確認ください。
お子様を同乗させる時は幼児用ヘルメットを着用させてください(努力義務)。

基礎用語(五十音順)

アンペアアワー(Ah)
バッテリーの容量を表す単位で、数字が大きいほど大容量

オートライト機能
センサーが明暗を感知し、暗い場所で自動的に自転車のライトを点灯させる機能

回生充電
モーターの回転を発電機として作動させることで走行中に充電できる機能。

回転センサー
クランクや車輪の回転を感知する部品。

コントローラー
運転者のクランク回転出力をモーターに伝達し、動作を制御する部品。

自己放電
バッテリーに蓄えられた電気が、使用していなくても時間とともに徐々に減少すること。気温などに影響を受けるが、一般的にはニッケルよりもリチウムイオンの方が自己放電量は少ない。

充電器
バッテリーに電力を供給し、再び使用できるようにする機器。

スピードセンサー
走行速度を感知する部品。

トルクセンサー
運転者のクランクを踏みこむ力を感知する部品

鉛バッテリー
電極に鉛を使用したバッテリー。他タイプに比べ大型で重量があるため、電動アシスト自転車のバッテリーとしては対応車種は少なくなってきているが、リチウムイオンに比べると価格は安価なため、人気は根強い。

ニッケル水素バッテリー
バッテリーの種類のひとつ。安全性は高いものの継ぎ足し充電ができないことなどから電動アシスト自転車のバッテリーとしては現在あまり使われていない。

バッテリー
電池のこと。モーターを動かすための電力を供給する。

ヒューズ
何らかの異常により定格以上の電流が流れた際に、溶断することで電気回路を保護する部品。

メモリー効果
ニッケル電池を継ぎ足し充電することで、一時的に電圧が低下し容量が減少する現象のこと。一度深く放電すればまた元に戻る。リチウムイオン電池にはメモリー効果はない。

モーター
電動機。電気エネルギーを回転運動に変換する部品。電動アシスト自転車の場合、車輪やギアを回転させることで動力が得られるものが多い。

リチウムイオンバッテリー
現在国内で流通している電動アシスト自転車のバッテリーに多く採用されているタイプ。従来のニッケルなどに比べ小型で軽量。継ぎ足し充電が可能だが、頻繁な充放電はバッテリーの劣化を早める。

リフレッシュ機能
ニッケルなどメモリー効果のある電池で、一旦放電してから充電を行う機能のこと。

電動アシスト自転車 全品送料無料(一部地域除く)

洛スククラブはこちら

カートを見る