メンテナンスガイド

大切な自転車を長く乗るためには、定期的にメンテナンスを行いましょう。
専門的な知識や技術を要する箇所は販売店に任せるとして、家庭でも簡単に点検できるところがありますので、以下を参考にしてみてください。

 

<目次>

バルブ形状とタイヤの空気について
自転車の点検
洗車
注油
サドル調整
パンク修理


バルブ形状とタイヤの空気について

自転車のバルブには以下の3種類がありますので、お持ちの自転車のバルブ形状に合った空気入れを使いましょう。

英式バルブ(ダンロップ)

軽快車(ママチャリ)に広く採用されています。
バルブ内に虫ゴムがあり、定期的な交換が必要です。

 

米式バルブ(シュレイダー)

オートバイや自動車などと同じタイプなのでガソリンスタンドでも空気が入れられます。
空気が抜けにくく、マウンテンバイクなどに使われています。

 

仏式バルブ(プレスタ)

軽量で空気圧の微調整が可能なタイプ。ロードレーサーやマウンテンバイクなどのスポーツ車に使われています。

 

日本国内で最も多く普及しているのは英式バルブです。そのため、比較的安価な空気入れは英式専用のものであることが多いです。お乗りの自転車のバルブ形状とお持ちの空気入れが合わない場合、バルブにアダプターを取り付けることで解決します。
(下写真左:米式→英式アダプター、下写真右:仏式→英式アダプター)

下写真では米式バルブにアダプターを取り付けています。こうすることでバルブ先端の形状を英式と同じものに変えられますので、英式用の空気入れが使用できるようになります。

タイヤには適正空気圧というものがあり、空気が少なくなるとパンクしやすくなりますので注意が必要です。パンクしていなくても空気は徐々に減ってしまいますので乗る前には空気圧を確認する習慣を身につけましょう。
適正空気圧はタイヤの側面に表示されているのが普通です。(下写真)

空気圧の単位は主に3種類あり、それぞれkPa、BAR、PSIと呼ばれています。
空気圧を測るゲージつきの空気入れを使えば便利ですが、ない場合はタイヤを指で強く押してみて簡単にへこまない程度まで空気を入れておけば問題ないでしょう。


自転車の点検

最近の自転車はとても頑丈にできているので簡単に壊れたりはしませんが、長く安全に乗り続けるためには定期的な点検が欠かせません。専門的な整備はプロに任せるとして、自分でもできる簡単な点検項目をいくつか押さえておきましょう。

 

ハンドルの点検

自転車に正面から向かい合って立ち、前輪を両足で挟み込み固定した状態でハンドルを回転方向に力を加え、ハンドルがしっかり固定されていることを確認します。

ブレーキの点検

車輪を回転させ、ブレーキレバーを握って前後それぞれのブレーキが正常に作動するかを確認します。ワイヤーにほつれがないか、ブレーキシューが極端に摩耗していないかも合わせて確認しましょう。
下写真では、左側が新品のブレーキシューで、3本の溝が確認できます。一方、右側のシューでは、摩耗限界の溝がなくなりかけていますので、こうなったら交換が必要です。

タイヤの点検

空気圧が適正であるか、またタイヤに異物が刺さっていないかを確認します。
タイヤ表面には通常、グリップ力を高めるため、水はけを良くするために溝が刻まれています。摩耗して溝がなくなりかけていたら、タイヤの交換時期です。
タイヤはゴム製なので使用していなくても経年劣化してしまいます。溝が十分に残っていても側面などにひび割れが見られたら交換しましょう。

ハブナットの点検

車輪の軸をフレームやフロントフォークに固定しているネジのことです。万一緩んでいると車輪が外れ非常に危険です。工具を使いしっかりと締まっているか確認します。

全体の点検

自転車全体を10~20cmほど持ち上げたあと地面に落とし、異音がないかを確認します。異音があれば、どこかにがたつきがある可能性がありますのでそのまま乗るのは避け、自転車店で見てもらいましょう。

 


洗車

自転車が汚れていたら洗車しましょう。愛車の異変に気づきやすく、事故を未然に防ぐことにもつながります。
ウェスを軽く濡らし、中性洗剤をつけて自転車に付着した汚れを拭き取ります。なかなか落ちない汚れには水をかけて洗っても構いませんが、高圧洗車は避けましょう。特に電動アシスト自転車の電気部品にはできるだけ水がかからないよう慎重に作業してください。
奥まで手が入らないような狭い場所の汚れを落とすには、使い古した歯ブラシが役に立ちます。


注油

各部への注油は自転車の寿命をのばします。定期的に行うよう心掛けましょう。
特に雨の日の走行後は自転車の油分が流れてしまい、泥などによっても汚れやすくなってしまいます。
オイルは高価な専用品などを含めさまざまな種類が販売されていますが、特にこだわりがなければ一般機械用の潤滑油でも十分です。
ただし、油といっても自転車にはオイルとグリースの2種類が使われていますので、間違えないように注意しましょう。一般的に、グリース使用箇所(ヘッド、ボトムブラケット、ハブなど)は構造が複雑で、整備にはある程度の知識や技術が必要です。自信がない方は自転車店に任せましょう。ここでは、誰でも簡単にできる自転車への注油(オイル)について説明します。

 

チェーンへの注油

チェーンの油がきれるとチリチリと金属音がします。放っておくとチェーンだけでなくギアの摩耗が進み交換時期を早めることになってしまいますので注意が必要です。
注油の前に、まずはパーツクリーナーなどを使ってチェーンの油汚れを落としましょう。
スタンドを立てた状態でチェーンが一周するまでクランクをゆっくり逆回転させながら、均等にオイルを垂らしていきます。
あまり注油しすぎると走行時に飛散して自転車各部に汚れが付着しますので、余分な油分はウェスで拭き取ります。

ブレーキワイヤー、変速ワイヤーへの注油

ブレーキや変速のワイヤーが錆びついたりホコリが混入したりすると、ワイヤーの動きがスムーズにいかず、ブレーキや変速機の動作に影響します。
ワイヤーをリリースして、アウターとインナーの間にスプレータイプの潤滑油を吹き付けます。


注意!ブレーキには絶対に注油してはいけません。

スタンドへの注油

スタンドの動きが渋くなってきたら可動部に注油してみましょう。


サドル調整

自転車のサドルの位置が自分の体格に合っていないと乗りにくく疲れやすくなるばかりか、危険ですので、高さや角度を最適な位置に調整しましょう。

 

サドル高さの調整

サドルに座った状態で、片方のペダルを一番下にしてかかとを乗せ、膝がまっすぐに伸びた状態になるようにサドルの高さを調節します(下写真)。少し高すぎると感じるかもしれませんが、これが最も効率よくペダルを回すことのできる、疲れにくいサドル高さです。しかしこれではサドルに座ったままでは地面に足が届きませんので、停車時はサドルからお尻をおろしてフレームにまたがって立ちます。

ただし、幼児を同乗させたり荷物を多く積んで走行する場合、また低速走行で頻繁に停止する場合は、ふらついてもとっさに両足が地面に着くようにサドルを低めに設定したほうが安全です。サドルに座ったままで地面につま先が軽くつくくらいがいいでしょう。
高さが決まったら、乗車時に体重でサドルが下がったり、左右に回転することがないようにしっかりと固定されていることを確認してください。

身長の高い方は要注意、シートポストには通常、引き上げ限界線が刻まれていますので、限界線がフレームから出ない範囲で高さ調節してください。下写真のように限界線が見えていると、フレームとのはめ合わせが足りず、最悪の場合、乗車中にシートポストが外れる可能性があり非常に危険です。
限界線表示がないシートポストでは、底部からパイプ外径の2.5倍あたりの位置が限界線の目安だと考えてください。

 

サドル位置と角度の調整

サドル下のボルトを緩めることで、角度や前後位置を微調整できます。真横から見て座面が地面と平行になるように角度を調節します。サドルによっては前後の位置調整にも限界線表示がされているものがありますのでそれに従いましょう。


パンク修理

自転車修理の基本中の基本です。慣れれば難しくないので覚えてみましょう。
まず必要なものを用意します。

必要なもの
・タイヤレバー2~3本
・サンドペーパー(写真では金属製のものを使用しています)
・ゴムのり
・パンク修理用パッチ
・虫ゴム(英式バルブの場合)
・空気入れ(自転車のバルブに適合したもの)
・水の入ったバケツ
・軍手
・白マーカーペン

タイヤレバーを使いリムからタイヤを外し、チューブを取り出します。

英式バルブの場合は虫ゴムをチェックします。ゴムが破れていると(下写真左)パンクしていなくてもバルブから空気が漏れてしまいますので、新しい虫ゴムを取り付けます(写真右)。

チューブに空気を入れ、水を張ったバケツにつけてパンク箇所を調べます。パンクしていれば下写真のように水泡が現れます。小さな穴は見落としがちなのでよく調べましょう。
穴が見つかったら白マーカーで印をつけておくとパンク箇所を見失うことなく、作業がしやすくなります。

パンク箇所周辺をサンドペーパーで軽くこすります。

こすった範囲にゴムのりを薄く塗ります。
のりが乾くまで少し待ちましょう。その間にタイヤに異物がささっていないか確認します。

のりが乾いたらパッチを貼ります。指や工具などでしっかり圧着してください。

終わったら再度水につけて空気漏れがないか確認します。

リムとタイヤの間に噛み込まないよう注意しながらチューブを元に戻します。
最後に適正圧まで空気を入れて完成です。

下の写真のように、パンク修理セットとミニポンプを携帯していれば、外出先でもパンク修理が可能です。それから、予備のチューブも1本携帯しておくことをお勧めします。路上ではパンク修理をするよりもチューブを交換した方が時間も短縮でき、確実だからです。穴のあいたチューブは、自宅に帰ってから時間のある時に修理しましょう。

電動アシスト自転車 全品送料無料(一部地域除く)

洛スククラブはこちら

カートを見る