ブログ

自転車事故が増えています。

こんにちは

スタッフのヌタケです。

 

自転車を利用する人が増える一方で、日本では道路整備や交通ルールの徹底といった「環境整備」があまり進んでいません。自転車に乗用中の交通事故、特に自転車の対人事故がこれまでになく問題になっています。

 

自転車には、乗車している人を守る車体もなければ、シートベルトもありません。

低速で走行していたとしても、衝突した勢いで投げ出され、打ち所が悪いと致命的な事故になる可能性もあります。

自転車事故のおよそ半分が出合い頭衝突による事故です。

自転車に乗っている人の交通ルールの知識不足や、自転車の安全走行に対する意識が低い場合が多く、交差点内の安全確認が不十分まま進入しているケースが多いようです。

信号が赤に変わっているのに「まだ大丈夫だ」と進入したり、交差点では左右を確認せず「何も出てこない」と思い込み通過しようとしたりするケースも考えられます。

 

自転車は子どもから高齢者まで、免許証は必要なく誰でも乗れる乗り物ですが、れっきとした車両です。

交通ルールを遵守し、快適な自転車ライフを過ごしましょう。

 

PAGE TOP