ブログ

ライトの選び方

こんにちは

スタッフのヌタケです。

 

自転車に乗るとき、ライトは必要なのか、法律で定められているのか。

すでにご存じの方も多いかと思いますが、自転車で夜間に公道を走行する場合にはライトを装着し、点灯させなくてはいけません。

 

ママチャリタイプの自転車には、標準で前照灯と後部にリフレクターが装備されていることが一般的です。

ただスポーツ車には標準装備されていないことが多く、別途購入する必要があります。

 

自転車用の前照灯は充電式と電池式の大きく2つに分けることができます。

充電式のライトはUSBで充電できるタイプが多く出回っており、ライト本体は高価なものが多いですが、1度の充電で長時間使用することができます。

 

 

弊社で扱っているUSB充電タイプのライトで人気なのが以下の商品です。

充電式フロントライト HL-EL085RC AMPP500

 

弊社で扱っているライトの中で、最も明るい(最大500ルーメン)ライトです。

明るさや点灯パターンはボタン一つで操作可能。価格は¥5,500と少し高めですが、点滅でおよそ50時間と長時間使用することができます。

 

夜間自転車に乗車する際は、かならずライトを点けましょう。

 

 

 

 

 

 

 

PAGE TOP