ブログ

自転車のベルの使い方

こんにちは

スタッフのヌタケです。

自転車のベルは、道交法で装着することが義務付けられていますが、その役割を知らない人がほとんどだと思います。

 

ベルはどこでもむやみやたらに鳴らして良いというわけではありません。

歩行者に対してベルを鳴らしたりしている人や、チリンチリンと鳴らしながら歩道を走行している人をたまに見かけますが、それらの行為はNGです。

あくまで歩道は歩行者優先の道路なので、歩行者に道を塞がれていても、ベルを鳴らさず声をかけてどいてもらうようにしましょう。

基本的には「警笛鳴らせ」の道路標識がある場所や、危険を防止するのにやむを得ない状況にかぎり、ベルの使用が許されます。

(「危険を防止するのにやむを得ない状況」とは、例えば見通しのきかない交差点、曲がり角、上り坂の頂上等を通る際など、危険を回避しなくてはいけない場合のことを指します。)

 

ベルは警音器として、危険を知らせるために使うということを覚えておきましょう。

 

 

 

 

 

PAGE TOP