ブログ

夏場自転車に乗る際の注意点!

こんにちは

スタッフのヌタケです。

 

通勤やアウトドアに自転車を使う人が増えているこのご時世。

ますます暑くなるこれからの時期、自転車に乗る際は「熱中症」に注意しましょう。

熱中症とは、高温多湿な環境下で、体内の水分や塩分(ナトリウムなど)のバランスが崩れたり、体内の調整機能が壊れるなどして発症する障害のことをいいます。

激しい運動や、屋外での活動、水分や塩分の補給不足などが原因として挙げられ、自転車に乗る際は対策が必要です。

 

汗をかく=体内の水分がどんどん出ていってしまうわけで、こまめな水分補給が非常に重要です。

ただし、汗を大量にかくと、体内の水分とともに塩分やミネラルも奪われてしまいます。
そこに水分補給だけを行うと、血液中の塩分・ミネラル濃度(体内における塩分やミネラルの割合)が低くなり、様々な熱中症の症状が出現します。ただ水分を補給するのではなく、塩分やミネラルを一緒に補給することが重要です。

手早く塩分・糖分を一緒に補給できるスポーツドリンク(アクエリアスやポカリスエット)やタブレットなどがおすすめです。

 

自転車を漕いでいるときは、みなさんが思っている以上に汗をかいてしまいます。

夏場のサイクリング時には、適量の水分と塩分をこまめに補給するように心がけましょう。

 

 

PAGE TOP