ブログ

雨の日の自転車通勤

こんにちは、スタッフのヌタケです。

近畿も梅雨入りしました、これからの時期は自転車通勤が大変です。

雨によって視界が遮られ、ブレーキも効きにくくなり、路面も濡れており滑りやすいため、晴れている日よりも必然的に事故のリスクが高まります。

また、仕事に必要な持ち物や、スーツや靴が汚れてしまう時もあります。しかも晴れている日の自転車通勤よりも時間もかかり、会社に到着した時の疲労も普段に比べて大きいです。

特に仕事で必要な書類や電子機器は防水加工されの袋に入れたり、着替えも用意したり、事前に準備をしておくと良いでしょう。

よく片手で傘をさしながら自転車を運転している人を見かけますが、あれは交通ルール違反です。

傘さし運転は片手運転になってしまいます。その場合は、ハンドル、ブレーキその他の装置を確実に操作できないとみなされるために、基本的には禁止となっています。また、前方の視界も遮られるので、非常に危険です。

傘を自転車に固定するアーム状の道具を装着している自転車を見かけますが、都道府県が独自に定めている道路交通規則には多少の違いがあるので、使用を禁止している自治体もあれば、条件付きで傘の固定運転を認めている自治体もあります。気になる場合は、都道府県のホームページなどで調べてみてください。

 

というわけで、雨の日に自転車に乗る際は、レインコートを着るのが望ましいでしょう。

レインコートにも種類があり、それぞれメリット/デメリットがあるので、サイズや重量などに注意しながら、自身のスタイルに合うものを選びましょう。

 

 

 

 

PAGE TOP