ブログ

自転車の前照灯

こんにちは

スタッフのヌタケです。

日が短くなり、夜も肌寒くなってきました。

 

自転車の夜間走行時には、前照灯を点灯させることが義務付けられています、

ママチャリには基本的に標準装備されていますが、ほとんどのスポーツ車には標準で装着されていません。

今回はスポーツ車のハンドルバーに装着するタイプで、電池式ライトと充電式ライトのメリット/デメリットについて書きます。

参考までにお読みいただければと思います。

 

 

電池式の前照灯について

メリット

・走行中に電池が切れても、コンビニやスーパーで電池が手に入るため、出先で切れた場合でも安心

・ライト本体の価格が比較的安い

デメリット

・明るいものほどライト本体が大きい

・充電式に比べて明るさが劣る

 

充電式の前照灯について

メリット

・本体が小さく、様々なデザインのものがある

・明るいものが比較的多い

デメリット

・使用環境やライトによっては、毎日充電が必要になるかも

・充電が切れてしまうと、再度充電が必要(それに時間がかかってしまう)

 

あくまで個人的に感じていることなので、皆さんはご自身の使用環境や用途、好みのデザインでお選びいただければと思います。

(個人的には、走行中に充電が切れたら面倒なので、電池式のライトを使用しています。)

 

 

PAGE TOP