ブログ

自転車のバルブの種類

こんにちは
スタッフのヌタケです

さて、今回は最近お問い合わせの多い空気の入れ方やバルブの種類についてお話します。

まず自転車のバルブには、英式バルブ・米式バルブ・仏式バルブの3種類があります。
バルブの形状や空気の入れ方が異なるので、それぞれに合った方法で空気を入れる必要があります。

 

 

英式バルブ・・・おそらく日本で一番馴染みのある形状のバルブ。ほとんどのママチャリにはこの英式バルブが採用されています。
一般的な空気入れで空気を入れることができます。

 

 

米式バルブ・・・自動車やバイク、もちろん自転車にも採用されているバルブです。丈夫で耐久性に優れており、空気漏れも少ないとされています。
自転車屋ではもちろん、ガソリンスタンド等でも空気を入れていただけます。

 

 

仏式バルブ・・・スポーツ車に多く採用されています。他のバルブに比べて、空気圧の調整がしやすく、より高圧の空気圧に耐えることができます。

米式バルブと仏式バルブは、一般車用の空気入れでは空気が入れられませんが、それぞれのバルブに対応している空気入れを用意していただくか、バルブアダプターで空気口を変換していただくことで対応できます。
弊社でも空気入れ・バルブアダプターを取り扱っていますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

以上、バルブの種類について紹介しました。
正しい空気の入れ方や構造を理解して、快適な自転車生活を送りましょう!

PAGE TOP