NEWS! & TOPICS!

ブログのネタ探しにYoutubeで「e-bike」と検索してみたところ、以下のような動画がヒットしました。

レース仕様の軽量ロードバイクと、ロードバイクタイプの電動アシスト自転車で競争し、どちらが先に長い坂を上りきるかを検証しています。なんともマニアックな内容だと思ったら、再生回数がなんと100万回以上です。やはり電動に興味を持つ人が増えているのでしょう。面白かったので同様の動画がないかとさらに探してみましたが、まだありました。

私は英語がからきしダメですので詳しくはわかりませんが、それでも結果くらいはなんとか理解できました。いずれの動画でも電動がロードバイクに勝利し、二本目の動画では最後にこう結論づけられています。「坂を上るのなら、モーター(付きの自転車)を選べ。」

ところで今回紹介した動画はいずれも電動アシスト自転車メーカーが自社製品の宣伝のために制作したものではありません。制作者のウェブサイトを見る限り、彼らは日常的な電動アシスト自転車の利用者でもなく、むしろロードバイク愛好家とみられます。弊社は電動アシスト自転車を専門に取り扱っておりますので、ここで検証結果を引き合いに出して電動の長所をアピールしたくはなりますが、あえて客観的に申し上げましょう。

これらの動画では電動アシスト自転車は登坂タイムを競うという意味においてロードバイクに勝利しただけであり、どちらが優れた乗り物かとの結論までは出せないでしょう。なぜならタイム以外の要素は計測できないものが多いからです。例えば坂を登りきった後の達成感や疲労感はどちらがより大きいのかなどを総合的に判断すると、その評価には個人差が出るものと思われます。

どちらがより優れているかということよりも、動画制作者が本当に伝えたかったのはサイクリングの新しい楽しみ方ではないでしょうか。つまり、今まではまったく別の存在だと思われてきた電動アシスト自転車(スポーツバイク初心者)とロードバイク(同上級者)が一緒にサイクリングを楽しめる可能性が、これらの動画では示されていると思います。

英語が苦手な私ですが、そんな制作者の意図は読みとれたような気がしています。