NEWS! & TOPICS!

こんにちは、マネージャーのスズキと申します。最近、各メーカーからスポーツタイプの電動アシスト自転車(e-bike)が相次いで発表され話題になっていますが、その多くはドライブユニットやバッテリーの形状、それらの車体への搭載位置など、どの車種を見てもデザインが似たようなものだと思いませんか?実はこれには理由があります。

世界には多くの自転車メーカーがありますが、一般的にはそこで製造されているのはフレームだけであることをご存知でしょうか。彼らはブレーキや変速機など、フレーム以外のすべての部品を各部品メーカーから仕入れ、それらをフレームに取り付けたうえで完成車として販売しています。乱暴に言ってしまえば自転車を製造しているのではなく組み立てている会社だと言えます。
ではこれら自転車“メーカー”が電動アシスト市場に参入するときにはどうするのでしょう。複雑で高度なアシストシステムをいちから開発することは彼らにとっては畑違いであり現実的でないため、やはりブレーキなどの部品と同じようにドライブユニットも他社から仕入れたものを使って自転車を組み立てます。

一方でドライブユニットのメーカーはできるだけ多くの自転車に採用されるよう製品を設計しますので、必然的にデザインは無難なものに落ち着き、結果として外観が似てしまいます。この分野ではヤマハやシマノ、海外ならボッシュなんかが有名ですが、試しにこれらのホームページを見てもらえば各社の製品がよく似ていることがわかるかと思います。現状ではまだまだドライブユニットの種類は多いとは言えません。一台の自転車を構成する部品の中で比較的大型であるバッテリーやモーターなどについて、選択肢が限られるうえにその形状や搭載位置がすでに決められている以上、自転車メーカーとしてはドライブユニットありきで自転車を設計、開発せざるをえません。これが多くのe-bikeのデザインが類似する理由です。

ではどのメーカーの自転車でも結局は同じなのかと落胆した方、ご安心ください。弊社は電動アシスト自転車にとって心臓部ともいえるアシストシステムは、各車種のコンセプトに応じてそれぞれ異なるものであるべきと考えています。実際、製品の開発段階においてモーターやバッテリーなどの仕様、形状、車体への設置方法などについて試作を重ね、そのなかで納得できるものだけを現在販売しているのです。シーガルバロンXを見れば一目瞭然、同じような部品を組み合わせて作った他社製品とは一線を画すデザインであることがおわかりいただけると思います。他と違うカッコイイ自転車をお探しであれば、京の洛スクへお任せください。