NEWS! & TOPICS!

こんにちは! 総務のMT-RX-Nです。

暑さも少し残っていますが、秋の気配が感じられるようになりました。
自転車乗っていると風が心地良いですね。

公式サイトでも人気のあるバロン20インチグリッサード
9月セール開催中です!

スポーツ系電動アシスト自転車に乗って頂く良い機会ですので、
ご検討中の方は是非よろしくお願い致します。

今月末までの限定セールですのでお急ぎください!

 

前回ブログからの続きです。

 

修理やメンテナンスに協力して頂ける会社や自転車店が
増えています。
大手チェーン店さんから町の自転車店さんまで、ご協力ありがとうございます。

一方で、弊社の自転車を修理やメンテナンスして頂けない会社や自転車店もあります。

断りの文言で多いものは①「型式認定がない」②「取り扱いのない自転車」③「大手メーカーしか取り扱いません」などです。

①は以前ブログで書きましたが、まるで違法かのようにお客様を不安にさせる言葉で直接的な断りの理由になりません。

②は、お店が「すごく忙しい」か「修理部品の在庫がない」「直す気持ちがない」「直す技術がない」など。

③は、上から目線で「安物の自転車は扱わない」と言わんばかりに、お客様の自転車をバカにしています。
明らかに「知らない自転車に関わりたくない」か
「お店の作業効率」を優先しています。


以前ブログで書いた5万円以下の
「品質が悪そうな電動自転車」や「汎用性のない部品を使っている電動自転車」などの
修理ができないヤバい自転車はプロが見ればわかります。弊社の自転車はそれに該当しません。

一つ例を挙げると、 パンク修理
弊社の電動アシスト自転車【ルルベ】と ブリヂストンの電動アシスト自転車でパンク修理を比べます。

                           ブリヂストンサイクル㈱HPより

*タイヤサイズ  26×1-3/8(ママチャリタイプで一番流通しているサイズ)で同じ規格を使用しています。
同じ規格であれば互換性がありますので、パンク修理タイヤチューブ交換は全く問題ありません。
でも、弊社の自転車はできない、ブリヂストンはできる、、、??

*前輪モーター  前輪のタイヤチューブ交換の時のみ、どちらの自転車も前輪を外します。
その時に、モーター配線のコネクターを外す必要があります。(上写真の赤枠)

弊社【ルルベ】は黒いコネクターを外します。
ブリヂストンは黒いカバーを外し中にあるコネクターを外します。
弊社の自転車はできない、ブリヂストンはできる、、、??

なぜできない?? これ、できない作業でしょうか???

同じ規格のタイヤサイズで作業手順が似ているのに断られるのは不思議です。

もし、タイヤやチューブの在庫がなければ、弊社にあります。

もし、作業手順が分からなければ、弊社がアドバイスします。

もし、効率が悪い修理ならば、割増料金がかかることをお客様に説明すればいい、商売ですから。

型式認定は義務ではないので、違法ではありません、、、断る理由になりません、、、
規格が同じ、必要部品は弊社にある、技術指導もできる。なぜできないのか不思議です。

出来ない理由を詳しく聞いてみてください。

お客様が困っている事よりも、お店の作業効率や売上利益を優先しているのです。
知らない自転車に関わりたくないのです。

もちろん、弊社まで自転車を送って頂ければ、責任をもって修理やメンテナンスをいたしますが、
パンク修理などの簡単なことで、お客様の手間や高額な配送料金を考えると現実的で
はありません。


そこで弊社自転車にお乗りの方にお願いです。
依頼する自転車店に断られた場合、可能であれば、
すぐにあきらめないで納得できるまでお話をされたらどうでしょう。


なぜなら、自転車店が困っているのではなく、お客様自身が困っているのですから。