NEWS! & TOPICS!

こんにちは! 総務のMT-RX-Nです。

11月になっても暖かい日が続き過ごしやすいですね。
春や秋が長いとほんとうれしくなります。

11月は、独身の日 いい買い物の日 お買い物マラソンなど
ネットショッピングのセールが目白押しです。
弊社の自転車もよく売れるように頑張っております。

前回からの続きで、
今回も自転車に乗られる方が気をつけるべき事を書きたいと思います。

2018年7月に神奈川県でチャイルドシート付の電動自転車に乗った親子が転倒し、
1歳の子供が亡くなるという痛ましい事故が起きました。

子供乗せ電動アシスト自転車は、幼稚園や保育園の送り迎えや習いごとなど、子供を連れて行かねばならないお母さんにはとても便利な乗り物となっています。

au損害保険の調査によると、自転車事故経験について、「自転車事故を起こした経験」は3割強、「自転車事故に遭った経験」は4割弱となった。事故を起こした場面は「出会い頭 (右折時)」、事故に遭った場面は「出会い頭 (左折時)」が最も高かった。
電動アシスト自転車での危ない経験割合は約4割であり、最も危ないことは「ペダルを踏んだ時の急発進」(49.9%) であった。「小学生以下の子どもがいる親」は過半数以上が「重さによる転倒」と回答した。

このようなデータから、電動自転車は楽で便利な乗り物ですが、
運転される方の注意意識が大切であることが分かります。
お子さんの安全を守るのは、自転車ではありません。
運転する方お母さんが守るのです!

普段から注意できるポイントを例に挙げると、

*雨の日は自転車に乗らない。乗る場合は傘をさして運転しない。
*停車中にスタンドを立てた状態で、子供をチャイルドシートに座らせたまま離れない。
*子供を乗せた自転車の重量は重いのでスピードを出さない。
*BAAなど安全基準適合車といって過信しない。

など、むずかしい事ではありませんので心がけましょう!

弊社にもBAAについてや子供を乗せて大丈夫かなどの問い合わせがあります。
自転車の安全性や品質を気にされる方が多いのですが、実は乗られるお母さんの
自転車の乗り方や扱い方、マナーが一番重要なのです。