NEWS! & TOPICS!

京の洛スク所在地である京都市では、自転車利用者に対しての保険加入を義務づける条例が先月可決されました。これにより、レンタサイクルなどの事業者には今年10月から、個人利用者には来年4月から保険への加入が義務化されます。
隣の滋賀県や大阪府では同様の条例がすでに施行されていて、近年重大な自転車事故の報道が相次いだこともあり、国内のさまざまな地域でこのような流れとなっているようです。
とはいえ、購入後に自身で加入手続きをするとなると煩わしさから未加入となってしまいがちなもの。

京の洛スクでは自転車購入時にお客様の保険加入を代行いたしますので、面倒な手続きは必要ありません。(一部お客様ご自身に記入していただくものもございます。)
弊社が用意する「洛スククラブ」には、盗難補償や長期製品保証のほか、2種類の損害賠償責任保険が含まれます。詳細はこちらのページに譲るとして、両者の違いを簡単に説明すると以下の通りです。

*交通事故傷害保険:損害賠償を負った場合に最大1億円まで保証されます。自転車乗車中の事故に限らず、さまざまな状況において怪我をした/させてしまった場合も対象となります。
*TSマーク付帯保険:自転車安全整備士の有資格者により点検済みの自転車に付帯する保険で、プロが整備した証明にもなりますので安心です。また、所有者ではなく自転車そのものに付帯するため、乗車中の事故であれば所有者でなくても保険の対象となります。

なお、今なら当サイトで組立完成車をご購入いただければ、この「洛スククラブ」に無料で加入できます。当サイト限定の特別サービスですので、お見逃しなく。(予告なく終了する場合がございますのでご了承ください。)

4月、生活環境の変化や気温の上昇により、自転車を利用する機会が増えるかと思いますが、統計的にはこの4月から5月にかけては年間で最も自転車事故の発生件数が多いと言われます。
交通ルールを守り安全運転を心がけることは言うまでもなく、万が一に備えて保険への加入を強くお勧めいたします。